症状は実にさまざまです。

医師の都合で出産日を決められることもあります。

このような状態になると、腸内細菌のバランスはまたたく間に崩れていきます。便秘になると吹き出物が出たりするのは、毒素が腸内で発生し、それを腸内から充分に排泄しきれなくなっているからなのです。やはりもっともよいのは、自然な状態で規則正しい便通があることです。そのためにはエンザイムを含む食物とともに、食物繊維の豊富な食物をとるよう心がけ、よい水をたくさん飲み、おなかを腸の流れに沿ってマッサージしたり、腹筋を鍛え、腸を刺激したりすることが大切です。かんちょうそういうことをしても、私が推奨しているのは、乳酸菌生成エキスなどを加え、もし便通が整わないようなら、私は浣腸することをお勧めします。「コーヒー·エネマコーヒー浣腸」といって、コーヒーの入った水にミネラルや腸を洗うというものです。
日本では、浣腸をするとになって腸が動かなくなってしまうのでは、という心配をする人が多いのですが、私が集めた臨床データによれば、そんな心配はいりません。むしろ浣腸を定期的に行っている人の腸のほうが腸の動きもよく、停滞便も宿便もないきれいな腸相をしています。それに対し便秘薬を常用している人の腸は、それが化学薬品でも漢方薬や自然のハーブ茶でも腸壁が真っ黒に変色していくことがわかっています。そして薬を飲めば飲むほど腸の動きは悪くなり、動かなくなっていきます。そして動かなくなると、さらに停滞便が残りやすくなるので、腸相がどんどん悪くなっていってしまうのです。
私の友人の医師のなかにも、健康体なのに1日に11回、必ずコーヒー·エネマをしている人がいます。これは便が出ないからではありません。浣腸をしていても、便はきちんと出るからです。ではなぜ浣腸をするのかというと、きちんと排泄があっても、やはりある程度は腸内に異常発酵したものや消化しきれないものが残っているからです。とくに大腸の左側は便が停滞しやすいので、そういうものは少しでも早く体外に出してしまったほうが体にはよいのです。薬で劇的に改善するともいえるのです。彼は私に勧められてコーヒーエネマを習慣にしてからもう14年近くになりますが、体調は以前にも増してよくなっています。私も毎日一、二回、コーヒー·エネマを行います。腸を洗うといっても、コーヒー·エネマで洗うのは大腸の左側だけなので、一日に二回行っても、消化吸収を行う小腸の働きを阻害することはありませんので安心して行ってください。
ミラクル·エンザイムの消耗を防ぐ生活習慣とは?
エンザイムは、人間の生活、生命エネルギーのすべてをつかさどっています。いつ目覚めて、いつ眠るのかということにもエンザイムはかかわっています。明日は何時ごろに起きようと明確に意識して寝ると、翌朝だいたいそのとおりに目覚めることができるのもエンザイムの働きです。
なぜなら、考えるということ自体が、脳の中でエンザイムが働いていることにほかならないからです。
人間がすることはすべて、手を動かすことも、目を動かすことも、頭を使うことも、みなエンザイムの働きによってなされているのです。人間の体には、生命を健康的に維持するために「ホメオスタシス恒常性」という機能が備わっています。

傷が少しずつ治っていくのも、日焼けして変色した肌がまたもとの色を取り戻すのも、ホメオスタシスが働いているおかげです。
ホメオスタシスは、体の異常に敏感に反応して、もとの健康で正常な状態に戻そうとする働きです。ですから、急に過激な運動をしたり、普段は十一時ごろに寝る人が三時ごろに寝たりが四時に起きたりすると、そうした異常を調整しようとします。その調整に用いられるのは、やはりエンザイムです。つもは六時に起きている人そうした異常がときどきであれば、体は調節することができます。しかし、異常を繰り返したり継続してしまうと、ミラクル·エンザイムを消耗してしまい、ボディ·エンザイムのバランスは崩れてしまいます。こうしたミラクル·エンザイムの消耗を防ぎ、ですから、規則正しい生活をするということは、するうえで欠かすことのできない習慣なのです。

医師の診断

  • 細胞質で働くには向いていない。
  • ストレスの多い
  • ガンの体験者というハイリスクをおして


細胞に与えたとします。


細胞にエネルギー源として

健康を維持若いころから夜ふかしをしたり、不規則な生活をしている人は、それだけミラクル·エンザイムを浪費してしまっていることになります。過労死の実態は、すなわちミラクル·エンザイムの消耗死なのです。医師というのは、かな事を休んだことはありません。それは、私がミラクル·エンザイムを消耗しない生活習慣を身につけているからです。それがどのようなものなのか、この後公開しますが、単純に私の真似をしろという気は毛頭ありません。人にはそれぞれ自分の生活のリズムというものがあるからです。
ハードな仕事ですが、私は医師になってからの四十五年間、一度も体調を崩して仕ただ、どんなリズムであれ、規則正しい生活を続けることが、で、私の生活パターンを参考にしていただければ幸いです。
健康維持には絶対に必要です。

そういう意味【ドクター·シンヤのミラクル·エンザイムを消耗しない生活】0朝起床六時、私の一日は目覚めてすぐ行う手足の軽い運動から始まります。手足を軽く振った後は、一度ベッドから起き、窓を開けて朝の新鮮な空気を深呼吸します。これによって、肺の中にたまっていた汚れた空気を新鮮なものと入れ換えるのです。そしてもう一度ベッドの上に戻り、仰向けの体勢で、手を左右交互に上げる足を交互に上げる、両手を上げる、両足を上げる、というような軽い運動をします。

病気にはなりにくいのです。

その後、ストレッチ柔軟体操のようなことをして、体の血のめぐりやリンパ腺の流れを徐々に活発にさせていきます。
充分に血がめぐったところでベッドから起き上がり、を五分行います。今度は空手の突きを左右百回ずつ、そしてラジオ体操こうした運動をしてから、キッチンへ行き、五OOS七五08の二0度くらいの温度のよい水をゆっくり飲みます。そして水を飲んで約二十分後、水が腸に移動したころを見計らって、まずエンザイムを豊富に含んだフレッシュな果物を食べます。朝食を食べるのは、その三十四十分後ぐらいです。
朝食の主食は、玄米に五七種類の雑穀を混ぜたものを食べます。
おかずは温野菜と納豆と海苔、それにもどしたわかめを、ひと握りぐらい食べます。
0昼十一時を過ぎると、まず五00㏄程度の水を飲みます。
ます。
外出しているときや、果物の用意がないときなど、それからまた三十分後ぐらいに、食べないこともあります。果物があれば食べちなみに、果物は食後のデザートとして食べる人が多いのですが、できるだけ食事の三十分くらい前に食べることをお勧めします。エンザイムを豊富に含むフレッシュな果物は消化がよく、食前に食べると胃腸の働きを助けるうえに、ある程度、血糖値を上げてくれるので、食事の食べすぎを防ぐことができます。食事のときも、なるべくサラダのような加熱調理をしていないものから食べるようにすると、消化はよくなります肉や魚といった動物性タンパクがメインで出されるコース料理の最初に、サラダが出されるのにはちゃんと意味があるのです。


動脈硬化が進みやすい

老化防止によい影響を及ぼすという研究報告

生の野菜だとなかなかたくさん食べられないので、私もよく温野菜にして食べるのですが、あまり熱いお湯でぐらぐら煮てしまうとエンザイムが失われてしまうので、11分間くらいさっとゆでるか蒸したものを食べるようにしています。昼食はおもに、自宅から用意してきたお弁当を食べています。ときどきは友人とランチを楽しむこともありますが、基本的には玄米と雑穀を主食とするお弁当を食べるようにしています。そして食後に、私は二十ーニ十分程度の昼寝をします。
キリとした頭で午後の診療を始めることができます。ほんのちょっと休むと、午前中の疲れがとれ、スッ0タ昼食後はなるべく間食をせず、四時半ぐらいになったら、また五00ccの水を飲みます。
にフルーツを食べ、またその三十四十分後に夕食をとります。
それから三十分後私は毎日たくさんの量のフルーツを食べますが、フルーツは食べたいだけ食べていいというのが、ですただし、食前に食べることは忘れないでください。

私の考え夕食は新鮮な素材を調理したらすぐに、よくかんで食べます。
献立は朝食とそれほど大きくは違いませんわが家では、よくかむために食事中の会話はあまりしません。話をするときは、きちんと飲み込んで、口に何も入っていない状態でしゃべるよう心がけることが大切です。これはマナーの問題もありますが、誤嚥っまり食物が間違って気管に入ることを防ぐ、そして空気を食事といっしょに飲み込まないようにするという意味もあります。
食後に好きな人は何か飲んでもいいのですが、私はコーヒーや日本茶はできるだけ飲まないようにしているので、化学肥料を使わずに育てたハーブティーやそば茶、または麦茶などを飲みます。そば茶や麦茶を飲む際に気をつけることは、これらのお茶はローストしてあるので、酸化を防ぐためにきちんと密封保存しておくということです。


治療の最中でもあります。

本当であれば、ローストしてすぐのものを飲むのがいいのですが、忙しい生活の中ではなかなか大変なので、なるべく少量ずつ密封し、開けたらすぐに飲みきるようにすればいいでしょう。
そして、六時から六時半ごろに夕食を終えてからは、五時間後に就寝するまで食べ物も水も口にしません夏場などでのどが渇いたときには、寝る1時間ぐらい前までによい水を渇きが潤う程度コップ1杯ぐらい飲みますが、夜遅くの水分摂取は、やはり避けたほうがいいでしょう。
こまめに五分の仮眠をとる私は昼食の後に、二十三十分程度の昼寝をするのを習慣としていますが、など、こまめに五分程度の仮眠をとることを心がけています。
このほかにも疲れを感じたとき昼寝をするときに大切なのは、ラクな姿勢で休むということです。私は腹這いになって休むことが多いのですが、自分がラクならば、チェアに腰かけたまま足を台か何かに乗せて休むのもいいでしょう。
たった14分で、と思われるかもしれませんが、疲れがとれるというのは、別の言い方をすれば、ホメオスタシスがうまく働くということです。血の流れやリンパの流れ、神経や内分泌など体全体の機能が鈍っているのを正常に戻すのが、休養であり睡眠なのです。

なぜ体を休めるとホメオスタシスの機能が高まるのでしょうか。
のではないでしょうか。
これは私の仮説ですが、次のようなことな起きて活動するということは、それだけエンザイムを使っているということです。それがラクな姿勢で休養をとると、その間はさまざまな体の機能も休止します。それがたった十五分でも、それまで多くの活動のために使われていたエンザイムが一気に消費されなくなることにより、そのぶんのエンザイムが、疲れた場所のリカバリーやホメオスタシスの機能を活性化させるために働くことができるようになるからだと思います。実際、眠いな、疲れたなと感じたときに、五分でも十分でも休むと、労や眠気を引きずったまま仕事を続けていても、能率は上がりません。
社内で仮眠できる場所を設けているところもあるほどです。リカバリーはとても早くすみます。


薬で劇的に改善するともいえるのです。 心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなる。 細胞生物はアメーバで知られています