医師と相談するただ

細胞の異常増殖を促して

認知症と合併した混合型
とくに、動物性脂肪は控えているが、植物性の油なら大丈夫と、天ぷらや油炒めなどを好んで食べている人は要注意です。植物性の油であっても、人工的に抽出した油をひんぱんにとるのは、やはり体のためにはよくないのです。天ぷらや揚げものが好きでどうしてもやめることができないという人は、せめて回数を減らすようにしてください。目安としては、揚げものはせいぜい月に1度ぐらいに抑えることです。私はほとんど揚げものは食べませんが、たまに食べるときは衣をとって、できるだけ油を摂取しないようにしています。それでは味気ないという人は、食べる量を少なくし、よくかんで食べるようにしてください。よくかんで唾液と混ぜることによって、トランス脂肪酸がある程度中和されるといわれているからです。それでもトランス脂肪酸のすべてが中和されるわけではありません。揚げものは、自分の体のエンザイムを消耗するものだということを忘れないでくださいだまた、油で調理したものは、酸化が非常に早く起こります。作ってから時間のたった揚げものは過酸化脂質の塊のようなものです。油はただでさえ体によくないのですから、調理してから時間のたった油ものは絶対に口にしないようにしましょう。

須脂肪酸の上手な摂取法とは?
0日油の主成分である脂肪酸は、大きく飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の二つに分類されます。不飽和脂肪酸は、いわゆる善玉の脂肪酸で、心臓、循環器、脳、皮膚などの機能を保つために必要な栄養素です。
不飽和脂肪酸のなかには、人間の体では生成できないものがあり、それは食物からとらなければなりませんそれを必須脂肪酸といいます。具体的にいうと、リノール酸リノレン酸アラキドン酸などです。
以前アメリカで、必須脂肪酸をとるために、オリーブオイルを毎日ティースプーンに一杯ずつ飲むといいということがいわれ、とてもはやったことがありました。しかしその後の研究で、毎日オリーブオイルを飲んでいると、卵巣ガンになりやすいというレポートが出たため、いまではすっかり下火になっています。
じつはこれらの不飽和脂肪酸は、とても酸化しやすい性質をもっているのです。

ストレス解消にもなっていたことができなくなるという
たとえ圧搾して作ったオリーブオイルであったとしても、やはり人工的に搾った油を飲むことはお勧めできません不飽和脂肪酸をとるなら、魚に含まれるものがもっとも安定しています。とくに、イワシやサバなどいわゆる青魚には、不飽和脂肪酸のなかでも「DHAドコサヘキサエン酸」や「EPAエイコサペンタエン酸」といった良質な脂肪酸がたくさん含まれています。DHAやEPAは、マグロの目の奥の脂肪に多く含まれていることで話題になった、脳の働きをよくする脂肪酸でわざわざ油を飲まなくても、自然のままの形の食物を食べていれば、食物に含まれる脂質から必要な不飽和脂肪酸をとることができるのです。
油はどのようなものであっても、空気に触れればすぐに酸化を始めます。
ですから、できるだけ調理には油を使わないほうがいいのです。
しかし、一般的には、ビタミンAを吸収するには、油を使って調理したほうがいいといわれています。そのため、ひじきなどビタミンAを多く含む食材の調理法には、油を使用したものが推奨されます。これはビタミンAが脂溶性、つまり油に溶けやすい性質をもっているため、されているからです。
油と一緒にとったほうが摂取量は上がるとたしかにビタミンAは脂溶性のビタミンです。しかし、ちょっと工夫すれば、人工的に搾った油を添加しなくても充分吸収することができます。なぜなら脂溶性のビタミンの吸収に必要な油の量はごく微量なものだからです。ですから、油を使って調理しなくても、大豆やゴマなど脂肪分を有している食物をほんの少し一緒に食べるだけで充分に吸収することができます。人間に必要な油は、人工的に搾ったり抽出したりしたものを添加しなくても、の形のままとることで、必要量を充分にまかなうことができます。
脂肪分を含有した食物を自然自然な形のままとは、穀物、豆類、ナッツや植物の種など、油の原料となるものを、ということです。それがもっとも安全で、もっともヘルシーな油の摂取方法なのです。そのまま丸ごと食べる市販の牛r錆びた脂
ともいえる油と並んで酸化の進んだ食物が、市販の牛乳です。

治療の場合

加工する前の生乳の中にはたしかにいろいろなよい成分が含まれています。炭水化物である乳糖を分解するエンザイムやリパーゼという脂肪を分解するエンザイム、プロテアーゼというタンパクを分解するエンザイムなどさまざまなエンザイムもたくさん含まれています。抗酸化作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用、免疫調節作用などの効果があることで知られるラクトフェリンも入っています。しかし市販の牛乳では、そうしたよいもの
は、加工される過程ですべて失われてしまっているのです。市販の牛乳が作られる過程は、だいたい次のようなものです。まず牛のオッパイに吸引機を取りつけて搾乳し、それをいったんタンクにためます。そうやって各農家で集めた生乳をさらに大きなタンクに移し、かき回してホモゲナイズします。ホモゲナイズというのは均等化という意味です。では何を均等化するのかというと、生乳に含まれる脂肪の粒です。
生乳には約四%近い脂肪が含まれていますが、その大部分は脂肪球と呼ばれる小さなとして存在しています。
脂肪球は大きいものほど浮上しやすいため、生乳をそのままにしておくと脂肪分だけがクリームの層となって浮上してしまいます。私が子供のころに一、二度飲んだ瓶詰めの牛乳は、厚紙でできたふたを取ると、ふたの裏側にべったりと白いクリーム状の脂がついていました。これはホモゲナイズされていなかったため、運搬の過程で脂肪球が浮き上がってしまったからです。
んこうしたことを防ぐために、現在はホモゲナイザーという機械を用い、のです。こうして作られたのがホモ牛乳と呼ばれるものです。
脂肪球を機械的に細かく砕いているところが、ホモゲナイズすることにより、生乳に含まれていた乳脂肪は酸素と結びつき、過酸化脂質
変化してしまいます。過酸化脂質というのは、文字どおり酸化しすぎた脂肪ということですから、別の言い方をすればひどく錆びた脂ということになります。

検査があるのでわずらわしい症状を緩和できます。酸化した脂が体に悪いのは、油のところですでに述べたとおりです。しかも牛乳の加工工程はまだ終わりません。ホモゲナイズされた牛乳は、さまざまな雑菌の繁殖を防ぐために加熱殺菌されることが義務づけられています。牛乳の殺菌方法は大きく分けて次の四つがあります。①低温保持殺菌法LTLT-六二六五度で三十分間加熱し殺菌する。
一般的に低温殺菌法
といわれる②高温保持殺菌法HTLT-七五度以上で十五分間以上加熱し殺菌する③高温短時間法HTST-七二度以上で十五秒以上加熱し殺菌する。世界的にもっとも一般的に用いられている殺菌方法。
④超高温短時間殺菌法UHT-一二0S三0度で11秒間または一五0度で1秒間加熱し殺菌する世界の主流は高温短時間法ですが、日本の主流は超高温短時間殺菌法です。何度もいいますが、というのは熱に弱く、四八度から破壊を起こし、一一五度で完全に壊れてしまいます。
ですから、エンザイムどんなに短時間であったとしても、一三度もの高温にされた時点でエンザイムはほぼ完全に失われてしまいます。
また、超高温にされることによって、過酸化脂質の量はさらに増加します。そして、さらに問題なのが、タンパク質が熱性変質するということです。卵を長時間ゆでると黄身がポロポロになりますが、牛乳のタンパク質にも同じような変化が起きているのです。熱に弱いラクトフェリンも失われます。こうして日本の市販牛乳は、健康を阻害する食物になってしまうのです。
びんの層となって浮上してしまいます。私が子供のころに一、二度飲んだ瓶詰めの牛乳は、厚紙でできたふたを取ると、ふたの裏側にべったりと白いクリーム状の脂がついていました。これはホモゲナイズされていなかっため、運搬の過程で脂肪球が浮き上がってしまったからです。こうしたことを防ぐために、現在はホモゲナイザーという機械を用い、のです。こうして作られたのがホモ牛乳と呼ばれるものです。

症状を診断して

脂肪球を機械的に細かく砕いているところが、ホモゲナイズすることにより、生乳に含まれていた乳脂肪は酸素と結びつき、過酸化脂質
変化してしまいます。過酸化脂質というのは、文字どおり酸化しすぎた脂肪ということですから、別の言い方をすればひどく錆びた脂ということになります。酸化した脂が体に悪いのは、油のところですでに述べとおりです。しかも牛乳の加工工程はまだ終わりません。ホモゲナイズされた牛乳は、さまざまな雑菌の繁殖を防ぐために加熱殺菌されることが義務づけられています。牛乳の殺菌方法は大きく分けて次の四つがあります。①低温保持殺菌法LTLT-六五度で三十分間加熱し殺菌する。
一般的に低温殺菌法
といわれる②高温保持殺菌法HTT-七五度以上で十五分間以上加熱し殺菌する③高温短時間法HTST-七二度以上で十五秒以上加熱し殺菌する。世界的にもっとも一般的に用いられている殺菌方法。
④超高温短時間殺菌法UHT-一五0度で1秒間加熱し殺菌する世界の主流は高温短時間法ですが、日本の主流は超高温短時間殺菌法です。何度もいいますが、というのは熱に弱く、四八度から破壊を起こし、一一五度で完全に壊れてしまいます。
ですから、エンザイムどんなに短時間であったとしても、一三度もの高温にされた時点でエンザイムはほぼ完全に失われてしまいます。
また、超高温にされることによって、過酸化脂質の量はさらに増加します。そして、さらに問題なのが、タンパク質が熱性変質するということです。卵を長時間ゆでると黄身がポロポロになりますが、牛乳のタンパク質にも同じような変化が起きているのです。熱に弱いラクトフェリンも失われます。こうして日本の市販牛乳は、健康を阻害する食物になってしまうのです。牛の乳は本来、子牛のための飲み物であるそもそも牛乳というのは、子牛が飲むためのものです。
したがって、そこに含まれる成分は、子牛の成長に適したものです。

医療についての知識格差があるからです。

子牛の成長に必要なものが、人間にも有用だとは限りませんだいいち、自然界を見ればわかりますが、供だけです。どのような動物でも
を飲むのは、生まれて間もない子自然界で大人になってもを飲む動物など一つも存在しません。それが自然の摂理というものです人間だけが、種の異なる動物の乳をわざわざ酸化させて飲んでいる。つまり、自然の摂理に反したことをしているわけです。日本では学校給食で、子供たちに強制的に牛乳を飲ませます。栄養豊富な牛乳は育ち盛りの子供によいとされているからです。しかし、牛乳と人間の母乳を似たようなものだと思っている人がいたら、それは大きな誤解です。たしかにそれぞれに含まれている栄養素を並べてみると、似ているような気がします。タンパク質脂質乳糖、鉄分、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、ビタミンなど、牛乳にも母乳にもこうした同じような栄養素が含まれているからです。しかし、その

は全然違います。
牛乳に含まれるタンパク質の主成分はカゼインと呼ばれるものです。これが人間の胃腸にとっては消化しにくいものであることは、すでに触れたとおりです。牛乳には、そのほかに免疫機能を高める抗酸化物質ラクトフェリンも含まれていますが、ラクトフェリンの含有量は、牛乳より母乳のほうがはるかに多いのです。

母乳に含まれるラクトフェリンの量が0.一五%なのに対し、牛乳に含まれるラクトフェリンはわずか0.01%です。このように、牛の子供が飲むための牛乳と人間の子供が飲むための母乳では、もともと成分がまったく違うのです。同じ子供であっても種が違えば、必要なものは違うということです。ましてやそれが大人であればどうでしよう。
たとえば、牛乳に含まれるラクトフェリンは、胃酸に弱いので、たとえ加熱処理されていない生乳を飲んだとしても、大人が飲めば胃酸で分解されてしまいます。これは母乳のラクトフェリンであっても同じです。生後間もない人間の子供が、母乳からラクトフェリンをきちんと吸収できるのは、胃が未発達で胃酸の分泌が少ないからです。つまり、同じ人のであっても、成長した人間が飲むようには作られていないということです。新鮮な生乳であったとしても、牛乳は人間が食物とするにはふさわしくないということです。そのあまりよくない食物である生乳を、私たちはホモゲナイズしたり、高温殺菌したりして、悪い食物にしてしまっているのです。そして、学校給食というかたちで、最愛のわが子に飲ませているというわけです。
もう一つ問題なのは日本人には、乳糖を分解するラクターゼというエンザイムを充分にもっている人が非常に少ないということです。乳糖を分解するエンザイムは、腸の粘膜にあります。

      薬や方法によって
      症状の原因が老親の介護による
      治療をしてみましょう。


症状を緩和できます。 細胞の異常増殖を促して 症状を緩和できます。