ガンの典型的な初期

病気が発症する急性期によくあらわれます。

日本では幼児教育やゼロ歳からの右脳開発など、子供が物心つく以前から集中力や発想力を鍛える、知能開発系の刷り込みはさかんに行われていますが、健康に関する問題意識はというと心もとないかぎりです。知能開発は、将来の進学や社会生活をよりよいものとするための努力ですが、健康系の刷り込みは、その人の人生そのものを左右するより根本的な問題だと私は認識しています。よい学校に進むことができても健康でなければ豊かな人生を送ることはできません日本はアメリカと違い、健康意識の強さと社会的地位が比例していません。たとえ大学教授であっても、企業の社長であっても、食事は凄まかせ、健康は医者まかせ、自分が飲んでいる薬の名前さえ知らないという人がとてもたくさんいます。
医者の立場からいわせていただくと、医学に関する知識レベル、健康に関する勉強の程度が社会的地位に比べて低い人が多いといわざるをえません人間の体質というのは、親からの遺伝としてもって生まれたものと、よって培われるものとの二つによって決まると私は考えています。幼いころからの生活習慣
たとえば、親がアルコール分解エンザイムをあまりもっていない人は、やはりアルコール分解エンザイムが少ない人が多いといえます。しかし、アルコール分解エンザイムがもともと少ない人でも、少しずつ飲む量を増やしていくと肝臓で使われるエンザイムの量が増えていき、かなりのお酒が飲めるようになります。こうしたことを私たちは鍛えるという言い方をします。お酒に鍛えられるというわけです。同じようにアルコール分解エンザイムの少ない人でも、親がお酒に鍛えられた経験の持ち主か否かで子供のお酒に対する意識は変わります。医師の都合で出産日を決められることもあります。つまり、親が鍛えた結果飲めるようになっていると、自分も鍛えれば飲めるようになると思うし、逆に親が飲まなければ、最初からうちは飲めない家系なんだと思うということでこれは悪い例ですが、じつは同じ方法を利用して、遺伝子をよいものに変えていくことができるのです。たとえば、ガンになりやすい遺伝子をもって生まれても、親が健康に気を配り、よい生活習慣を身につけてガンを発病せずに天寿をまっとうすることができれば、子供は「たとえガンになりやすい遺伝子をもっていても、自己努力で防ぐことができる」という意識をもつことができます。そうして親からよい食べ物よい食べ方よい生活習慣を受け継ぐと、その次の世代ではガンの遺伝的要素はどんどん弱まっていくと考えてよいでしょう。つまり、よい習慣を継承していくことで、遺伝子をも書き換えていくことができるということです。
たとえば、母親に母乳が出ずミルクで育った子供は、母乳で育った子供よりもアレルギーが出やすいとか腸内細菌のバランスが悪いなど、初めのうちは健康に少し問題を抱えるかもしれません。しかし、それでも離乳してからよい食事を心がけ、よい生活習慣を積み重ねていけば、年をとっても生活習慣病になることはありま逆に母乳で健康に育てられた子供でも、悪い生活習慣を身につけ、肉や乳製品を好み、添加物の入った酸化した食物ばかりを食べていれば、三十代にハートアタック心臓発作で亡くなってしまう可能性だってあるのです。遺伝的要素はもって生まれたものです。でも習慣は、努力と意志のカで変えることができるのです。そして、習慣の積み重ねによって遺伝的要素はプラスにもマイナスにも変わっていくのです。自分を救うよい習慣は、あなたの次世代をも救うものだということをぜひ覚えておいてください
たばこ
は最悪の生活習慣である日本の多くの医者は、まだ外科手術や薬に頼ることが多く、患者の食生活に意識を向けている人は少ないようですが、ガンの発生に食事が深くかかわっていることは、もはや世界の常識になりつつあります。んぺきしかし、食事を完璧に改善しても、それだけで病気を100%防ぐことはできません。
にもミラクル·エンザイムを消耗する要因が、現代人の生活にはたくさんあるからです。
食事だけではなく、意識的に体に悪い習慣を排除していく必要があります。

予防·改善できるというのである。

  • 医師に質問をして
  • ストレスの原因をいったん忘れてしまうのです。
  • 健康とはいえない


薬の影響です。


健康食を選ぶこともできます。

なぜなら、食事以外健康を守るためにはその代表がたばこです。この二つが最悪なものといえる最大の理由は、まず吸わずにはいられなくなることが多いからです。習慣性が強く、毎日飲私は、顔を見ただけでたばこを吸う人かどうか、すぐにわかります。なぜなら、たばこを吸っている人の肌には、たばこ特有のどす黒さがあるからです。たばこを吸っているとなぜ肌が黒くなってしまうのかというと、毛細血管が収縮するため、細胞に酸素や栄養が補給されなくなるうえ、老廃物や腐敗物を排泄することもできなくなるからです。つまり、あのどす黒さは、皮膚細胞にたまった汚れと毒素なのです。たばこの害というと肺にタールがたまることばかりが注目を集めていますが、それと同じぐらい深刻なのが、全身の毛細血管が収縮してしまうということです。毛細血管が収縮してしまうと、水分が全身に行き渡らなくなります。
水分が行かないということは、水分とともに運ばれるはずの栄養も行き渡らなければ、それと入れ替わりに排泄されるはずの老廃物も出ていかないということです。その結果、老廃物がたまり、それが腐敗し毒素を生み出してしまいます。皮膚に表れるどす黒さはたまたまわかりやすいだけで、実際には体中の毛細血管の先端の至る部分ですべて同じトラブルが生じているのです。お酒を毎日のように飲む人の血管も、たばこと同じように収縮してしまいます。

検査や子宮鏡

少量のお酒は血管を広げ血行をよくするという人もいますが、お酒によって血管が広がるのはわずか11実際のことをいえば、この血管が広がるというのが、血管の収縮の原因なのです。飲酒によって急激に血管が広がると、次に体はリバウンドとして血管を収縮させてしまうからです。血管が収縮すると、やはりたばこのときと同じように、栄養物や老廃物の吸収·排泄ができなくなります。時間程度のことにすぎませんこうしてお酒もたばこも体内に大量のフリーラジカルとくに活性酸素を生み出してしまうのです。それを中和するのが、抗酸化物質であるSODやカタラーゼ、グルタチオン、ペルオキシターゼなどの抗酸化エンザイムです。よくたばこを吸うとビタミンCが大量に破壊されるといいますが、それはビタミンCが抗酸化物質の一つだからです。
フリーラジカルの中和には大量の抗酸化エンザイムが消費されます。
ただでさえ現代人の生活は電磁波や環境汚染などフリーラジカルを発生させる要因が数多くあるのに、わざわざたばこやお酒など自分自身でコントロールできるものまでとりこんで、フリーラジカルを大量発生させてしまうと、貴重なミラクル·エンザイムを消耗することになります。エンザイムというのは、使うとなくなる消耗品です。つまり、貯金と同じで年じゅうバンバン使っていたら、すぐに底をついてしまいます。よい食事をし、よい生活習慣を身につけるということは、毎日コツコツ貯金をしていく行為と同じなのです。普段ムダづかいをせずコツコツためていれば、いざというときに少々ムダづかいをしても大丈夫ですが、毎日大量に長期間使いつづければ、大きな借金を負うことになります。


薬剤は次の表のとおりです。

心筋梗塞に気をつけてください。

エンザイムの場合、借金が病気になるということです。お金の場合は、借金を返せず使いつづければ破産してしまいます。破産は人間の健康でいえばにほかなりません毎日たばこを吸って、いるのです。
毎日お酒を飲んでいる人の行く先は、その習慣を身につけてしまった時点で決まって眠時無呼吸症候群はこの習慣で治る日々の習慣が病気をつくる半面、日々の習慣を少し改めるだけで治すことのできる病気というのもあります。最近、何かと話題に上ることの多い睡眠時無呼吸症候群はその一つです。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に断続的に無呼吸を繰り返す疾患です。睡眠中は筋肉が弛緩するため、仰向け状態で寝ていると誰でも、舌の根もと舌根が垂れ下がり、気道が狭くなります。
睡眠時無呼吸症候群の人は、この気道狭窄が著しく、気道を一時的にふさいでしまうため息が止まってしまうのです。息が止まると苦しいので、本人には目覚めた自覚はなくても、夜中に何度も目を覚まします。結果的に熟睡できず昼間に強い眠気が生じたり集中力が低下したりしてしまうのです。きょうさくこの疾患で、睡眠中に窒息して死に至ることはありませんが、睡眠不足は免疫機能や代謝機能など生命維持機能を低下させることに加え、循環器系に負担をかけるので、心臓病や脳卒中になる確率が三四倍も増加する怖い病気です。この病気は、患者の七八割は肥満の人なので、当初は肥満によって気道が狭くなることが原因かと思われましたが、研究の結果、肥満と睡眠時無呼吸症候群に直接の因果関係はないことがわかっています。へいそく睡眠時無呼吸症候群には、気道が閉塞することによって起きる閉塞型と、脳の呼吸中枢の活動が低下することによって起きる中枢型、そしてこの二種の混合である混合型の三種類があります。じつはのなかでもっとも患者数の多い閉塞型睡眠時無呼吸症候群をかんたんに治す方法があるのです。それは睡眠の四五時間前から、胃に何も入れないことです。もつとわかりやすくいえば、胃をからっぽにしてから寝るようにするということです。人間の気管というのは、空気以外のものが入らないような仕組みになっています。


認知症は進行する

しかし、寝る前に胃にものが入っていると、横になることでその内容物がのどまで上がってきてしまいます。すると体は、気管にその内容物が入らないように、気道を狭め、呼吸を止めてしまうのです。これが著しく気道が狭くなる閉塞型
の原因だと私は考えています。睡眠時無呼吸症候群の患者のほとんどが肥満であるということも、この私の仮説と符合します。
夜寝る前に食事をとると、インシュリンが大量に分泌されるのですが、インシュリンは、炭水化物もタンパク質も、すべて脂肪に変えてしまうため、同じものを食べても夜遅く食べると太りやすくなることがわかっているからです。つまり、肥満だから睡眠時無呼吸症候群になるのではなく、寝る前にものを食べるという習慣が、睡眠時無呼吸症候群の発病と肥満の原因を同時につくり出しているということです。食事に限らず、夜寝る前に胃にものを入れるというのは悪い習慣
です。
睡眠薬を飲むよりいいからと、寝酒を習慣にしている人がいますが、これも危険です。
本人は寝つきがよくなるといいますが、寝ている間に呼吸が止まりやすくなるため、血液中の酸素濃度P02が低下してしまいます。もともと動脈硬化があったり、心冠動脈の細い人にとっては、酸素濃度の低下は心筋の酸欠を招き、文字どおり命取りになってしまいます。
こうそく夜明けに心臓麻痺や心筋梗塞で亡くなる人が多いのは、じつはこのように夜遅くに飲食したために逆流が起こり、それによって気道をふさぎ、無呼吸を招き、血液中の酸素濃度が低下し、心筋が酸欠で壊死してしまうのが原因なのです。寝る前に食事だけでなくお酒まで飲むと、このリスクはさらに高まります。なぜなら、アルコールを飲むと呼吸中枢の抑制が起こり、血中の酸素濃度がさらに減少するからです。アルコール分解エンザイムの少ない人は、アルコールがより長時間血中にとどまることになるので、充分な注意が必要です。


医師の都合で出産日を決められることもあります。 医師を見つけるようにして ホルモンの受容体