細胞や外側の平滑筋

生活習慣を改めることが大事

でも、よくかむことでその害を未然に防ぐことができると知っていれば、寄生虫や虫を恐れる必要もなくなります。よくかんで唾液がたくさん出ると、それだけ分泌されるエンザイムの量も増えるので、エンザイムの消耗につながるのではと思うかもしれませんが、そんなことはありません。よくこなれていないものを胃腸に送り込んだときより、体全体で消費されるエンザイムの量はずっと少なくてすむのです。そして、よくかむことによって食欲が自然と抑制され、食べる量が減ると、消化·吸収に使われるエンザイムの量も減るので、体全体で見ると、さらにエンザイムを節約することになります。消化に消費されるエンザイムの量が減るということは、ミラクル·エンザイムを消耗しなくてすむので、解毒や体の修復、エネルギーの供給など、体の恒常性を維持するために使えるエンザイムの量が増えるということです。その結果、抵抗力、免疫力がアップし、長寿につながります。また小食を心がけていると、食べたものがほとんどきれいに消化·吸収されるので、消化しきれない余分なものが腸内で腐り毒素を発生させることもなくなります。そのため解毒に使われるエンザイムも節約できます。細胞や外側の平滑筋事実、新谷食事健康法を実践していただくと、約半年ほどでみごとなまでに胃相·腸相が改善され、ガスや便のいやな臭いも軽減されます。「食事はよくかんだほうがいい」腹八分目が体にいいというのは古くからよくいわれていることですが、その最大のメリットは、「エンザイムの消耗を防ぐ」ということだったのです。
どんなによい食物であっても、どれほど必要不可欠な栄養素であっても、過剰摂取は健康を害する原因となります。

認知症になるなど

  • 医師の重要な仕事だと思います。
  • 神経物質を受け取る
  • ストレス解消にもなる。


症状をやわらげるのを目的に使用しています。


うつは頑張ってはいけないと言います

大切なのは、よい食物バランスよく、そしてよくかんで食べることです。食事においてこの三つのよいを心がけることで、あなたのミラクル·エンザイムは劇的に節約され、健康な体で人生をより長く楽しむことができるようになるのです。動物を食べるのか?
食の基本は、フレッシュ新鮮なものを食べることです。
なぜフレッシュなものがよいのかというと、フレッシュであればあるほど、ミラクル·エンザイムのもととなるエンザイムがたくさん含まれているからです。
地球上にはさまざまな食性をもった動物がいますが、そのすべてに共通しているのがエンザイムを多く含んだ状態の食物を好むということです。こうした食の基本を、私たち人間は忘れかけているのではないでしょう人間は食べ物に含まれる栄養素を調べ、それを分類し、カロリーを測り、現代の栄養学を確立しましたしかしそこには、食の基本であるはずのエンザイムの存在がスッポリ抜け落ちてしまっています。

ホルモンは怖い

そのため、エンザイムを含まない死んだ食物が、たくさん食べられるようになってしまいました人間とともに暮らしているペットの食事にも同じことがいえます。最近のペットフードはどれもエンザイムの含まれていないものばかりです。そして、その結果が、さまざまな病気というかたちでペットたちを苦しめています。ですから、私も犬を飼っていますが、ペットフードはいっさい与えていません。犬にも自分たちが食べる玄米を食べさせているのです。犬が玄米なんて不思議な感じがするかもしれませんが、玄米に海苔をかけたものなどはとても喜んで食べています。果物も好きですし、もちろん野菜も食べます。ブロッコリーの芯のところをさっとゆでて与えると、取り合いしてまで食べています。
肉食動物というと、しか必要としていないように思いがちですが、そんなことはありません。彼らも植物を必要としているのです。ではなぜ肉しか食べないのでしょう。それは、植物を分解するエンザイムを彼らがもっていないからです。
野生の肉食動物を観察するとわかりますが、彼らは草食動物しか食べません。そして、狩りをしたら、草食動物が食べた植物がエンザイムとともに消化されかけている腸内臓部分を真っ先に食べます。


医師が母親から聞い

頭痛若ければたしかに多少の無理はききます。

これによって肉食動物は草食動物がその胃腸で消化した植物と消化しつつある植物を得ているのです。肉食動物は草食動物だけを食べ、草食動物は植物だけを食べる。これが自然の摂理です。この自然の摂理を無視すると、必ずしっぺ返しを受けます。その代表的な例が「BSE牛海綿状脳症」です。
BSEの原因は、現時点ではまだ完全に解明されていませんが、プリオンというタンパクが異常化したことから脳の海綿化が生じることがわかっています。ではなぜプリオンが異常化してしまうのでしょう。
BSEが、肉骨粉(食肉処理の過程で得られる肉、皮、骨などの残渣から製造される飼料原料)を含む飼料の流通を通じて広がったことは、これまでの調査で明らかです。農林水産省をはじめとする各国の公共機関は「遺伝的に汚染された肉骨粉」という言い方をしていますが、私にいわせれば、そもそも草食動物である牛に肉骨粉という動物性の食物を与えること自体が自然の摂理に反したことだったのです。牛に肉骨粉を与えたのも、そもそもは人間の身勝手でした。肉骨粉を与えると、牛のミルクに含まれるタンパク質やカルシウムの量が増加するのです。そして、タンパク質とカルシウムの多い牛乳ほど高く売れるのです。ですからBSEという病気ができたのも、その牛を食べた人間の脳が海綿化してしまうのも、いってみれば自然の摂理を無視して我欲に走った傲慢な人間が受けた当然の報いだと私は考えています。ごうまん結局、人間を含めて動物はみな、るのです。


動脈疾患のリスクが多少がってきました。

何をどのぐらい食べるのがよいのかというのは、自然の摂理で決まってい自然の摂理を無視したところに健康な生活はありませんまずいものを食べていては健康になれないの章では、どのような食物が命を養うよい食物で、どのような食物が健康を損なう悪い食物かということを述べてきました。よい食物悪い食物を分けるポイントは、命のもとともいうべきエンザイムの有無と、フレッシュさ、つまり酸化の有無でした。
そして、そのよい食物をどのようなバランス
ればいいのか、ということにも触れました。
でとればいいのか。
また、それをどのようにして
食べ人間は進化の過程で食物を調理するということを覚えました。それによってより多くの食物を楽しんだり、食物を保存したりすることができるようになりました。


細胞や外側の平滑筋 病気が発症する急性期によくあらわれます。 細胞や外側の平滑筋