症状は実にさまざまです。

細胞にエネルギー源として

このような状態になると、腸内細菌のバランスはまたたく間に崩れていきます。便秘になると吹き出物が出たりするのは、毒素が腸内で発生し、それを腸内から充分に排泄しきれなくなっているからなのです。やはりもっともよいのは、自然な状態で規則正しい便通があることです。そのためにはエンザイムを含む食物とともに、食物繊維の豊富な食物をとるよう心がけ、よい水をたくさん飲み、おなかを腸の流れに沿ってマッサージしたり、腹筋を鍛え、腸を刺激したりすることが大切です。かんちょうそういうことをしても、私が推奨しているのは、乳酸菌生成エキスなどを加え、もし便通が整わないようなら、私は浣腸することをお勧めします。「コーヒー·エネマコーヒー浣腸」といって、コーヒーの入った水にミネラルや腸を洗うというものです。
薬で劇的に改善するともいえるのです。
細胞に与えたとします。

  • うつ病の人の血液を調べる
  • ストレスの多い
  • ガンの体験者というハイリスクをおして

症状が出たりする

日本では、浣腸をするとになって腸が動かなくなってしまうのでは、という心配をする人が多いのですが、私が集めた臨床データによれば、そんな心配はいりません。むしろ浣腸を定期的に行っている人の腸のほうが腸の動きもよく、停滞便も宿便もないきれいな腸相をしています。それに対し便秘薬を常用している人の腸は、それが化学薬品でも漢方薬や自然のハーブ茶でも腸壁が真っ黒に変色していくことがわかっています。そして薬を飲めば飲むほど腸の動きは悪くなり、動かなくなっていきます。そして動かなくなると、さらに停滞便が残りやすくなるので、腸相がどんどん悪くなっていってしまうのです。
私の友人の医師のなかにも、健康体なのに1日に11回、必ずコーヒー·エネマをしている人がいます。これは便が出ないからではありません。浣腸をしていても、便はきちんと出るからです。ではなぜ浣腸をするのかというと、きちんと排泄があっても、やはりある程度は腸内に異常発酵したものや消化しきれないものが残っているからです。とくに大腸の左側は便が停滞しやすいので、そういうものは少しでも早く体外に出してしまったほうが体にはよいのです。

細胞に与えたとします。

動脈硬化が進みやすい

彼は私に勧められてコーヒーエネマを習慣にしてからもう14年近くになりますが、体調は以前にも増してよくなっています。私も毎日一、二回、コーヒー·エネマを行います。腸を洗うといっても、コーヒー·エネマで洗うのは大腸の左側だけなので、一日に二回行っても、消化吸収を行う小腸の働きを阻害することはありませんので安心して行ってください。
ミラクル·エンザイムの消耗を防ぐ生活習慣とは?
エンザイムは、人間の生活、生命エネルギーのすべてをつかさどっています。いつ目覚めて、いつ眠るのかということにもエンザイムはかかわっています。明日は何時ごろに起きようと明確に意識して寝ると、翌朝だいたいそのとおりに目覚めることができるのもエンザイムの働きです。
なぜなら、考えるということ自体が、脳の中でエンザイムが働いていることにほかならないからです。
人間がすることはすべて、手を動かすことも、目を動かすことも、頭を使うことも、みなエンザイムの働きによってなされているのです。人間の体には、生命を健康的に維持するために「ホメオスタシス恒常性」という機能が備わっています。

心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなる。

健康を損なう危険性が高いのです

傷が少しずつ治っていくのも、日焼けして変色した肌がまたもとの色を取り戻すのも、ホメオスタシスが働いているおかげです。
ホメオスタシスは、体の異常に敏感に反応して、もとの健康で正常な状態に戻そうとする働きです。ですから、急に過激な運動をしたり、普段は十一時ごろに寝る人が三時ごろに寝たりが四時に起きたりすると、そうした異常を調整しようとします。その調整に用いられるのは、やはりエンザイムです。つもは六時に起きている人そうした異常がときどきであれば、体は調節することができます。しかし、異常を繰り返したり継続してしまうと、ミラクル·エンザイムを消耗してしまい、ボディ·エンザイムのバランスは崩れてしまいます。こうしたミラクル·エンザイムの消耗を防ぎ、ですから、規則正しい生活をするということは、するうえで欠かすことのできない習慣なのです。

医師の診断

健康を維持若いころから夜ふかしをしたり、不規則な生活をしている人は、それだけミラクル·エンザイムを浪費してしまっていることになります。過労死の実態は、すなわちミラクル·エンザイムの消耗死なのです。医師というのは、かな事を休んだことはありません。それは、私がミラクル·エンザイムを消耗しない生活習慣を身につけているからです。それがどのようなものなのか、この後公開しますが、単純に私の真似をしろという気は毛頭ありません。人にはそれぞれ自分の生活のリズムというものがあるからです。
ハードな仕事ですが、私は医師になってからの四十五年間、一度も体調を崩して仕ただ、どんなリズムであれ、規則正しい生活を続けることが、で、私の生活パターンを参考にしていただければ幸いです。
健康維持には絶対に必要です。

細胞生物はアメーバで知られています

治療の最中でもあります。
治療の最中でもあります。

病気が隠れていることもあります。

そういう意味【ドクター·シンヤのミラクル·エンザイムを消耗しない生活】0朝起床六時、私の一日は目覚めてすぐ行う手足の軽い運動から始まります。手足を軽く振った後は、一度ベッドから起き、窓を開けて朝の新鮮な空気を深呼吸します。これによって、肺の中にたまっていた汚れた空気を新鮮なものと入れ換えるのです。そしてもう一度ベッドの上に戻り、仰向けの体勢で、手を左右交互に上げる足を交互に上げる、両手を上げる、両足を上げる、というような軽い運動をします。