医師を見つけるようにして

薬をきちんと飲んでいれば

ダイオキシンやさまざまな環境汚染物質食品添加物や発ガン物質なども、よい水はちゃんと体外に排出してくれます。
そのため、水をあまり飲まない人は、病気にかかりやすくなります。ごく身近な例でいえば、よい水をたくさん飲んでいると、風邪を引きにくくなります。
なぜなら、免疫細胞の働きが活気管支や胃腸の粘膜など、ばい菌やウイルスが侵入しやすい場所がよい水によって潤っていると、発化し、ウイルスにとって侵入しにくい場所になるからです。
それに対し、水分を充分にとっていないと、気管支の粘膜は脱水し乾いてしまいます。気管支では痰や粘液が出ていますが、水分が不足するとそれが気管支にベタッと張りつき、ばい菌やウイルスの温床になってしまいます。水は血管の中だけではなく、リンパ管の中でも活躍し、私たちの健康を守ってくれています。人間の体のリンパ管システムは、血管を川にたとえるなら、下水管のようなものです。
医師を見つけるようにして
健康保険適用にはなっていません

  • 老化現象のため
  • 医学書に頼ることなく
  • 薬を使用するのもいいでしょう。

神経がきちんと機能している

皮下組織にある過剰水分やタンパク質、老廃物などを浄化、濾過、濃縮した後、血流へ運び込む役目を果たしているからです。その中にはガンマグロブリンという免疫力をもつ抗体やリゾチームという抗菌作用をもつエンザイムも含まれています。こうした免疫システムが充分に機能するには、よい水が絶対に必要なのです。ろか水は人間の体のすべての部分と関係しています。水のない体は、命を維持することはできません。それは砂植物が育たないのと同じです。植物が生育するのに必要なものは太陽と土と水だといわれていますが、太陽と土だけでは養分を吸い上げることができず、木は枯れてしまいます。水があるから養分を取り込むことができるのです。人間の細胞も、水分が行き渡らないと栄養不足になるうえ、細胞の中にたまった老廃物や毒素を排出できなくなるのでさまざまなトラブルが生じます。そして最悪の場合は、たまった毒素が細胞の遺伝子を損傷しガン細胞になってしまうのです。

健康保険適用にはなっていません

病気か予測

胃腸の流れをよくするとか、血液やリンパ液の流れをよくするというのは、体における水のマクロな働きで六十兆個ある細胞の一つひとつに入り、栄養を与え、代わりに老廃物を受け取って処理するというのはミクロな働きです、そのミクロの世界で行われているエネルギーの生産やその過程で発生したフリーラジカルの解毒などには、さまざまなエンザイムがかかわっています。つまり、言い換えれば、水が六十兆個の細胞すべてにきちんと行き渡っていないと、エンザイムはその機能を充分に果たすことができないということです。エンザイムがきちんと働くには、ビタミンやミネラルなどさまざまな微量栄養素が必要ですが、そうしたものを運んでくれているのも水なのです。しかも、人間が1日に排泄する水分量は、汗で蒸発しているものも入れると、約二五00にもなるといわれています。もちろん食物の中にも水分は含まれていますが、そう考えるとやはり最低でも一日一五00㏄はを補給することが必要といえるでしょうよく水分をしっかりとりなさいというと、「水はあまり飲みませんが、お茶やコーヒーをよく飲んでいます」という人がいるのですが、人間の体にとっては、水分はでとることがとても大切です。
薬で劇的に改善するともいえるのです。

ホルモンを出す卵巣の機能を弱め

なぜならお茶類、コーヒー、炭酸飲料、ビールなどのではない飲料は、多飲すると血液中に水分を補うどころか逆に脱水を起こす原因になってしまうからです。これらの飲料に含まれる糖分やカフェイン、アルコール、添加物などは、細胞や血液から水分を奪い、血をドロドロにしてしまいます。
夏の暑い日やサウナに入った後に、ビールをジョッキでがぶ飲みする人がいます。渇いたのどにビールの刺激は爽快ですが、中高年の人で、高脂血症や高血圧の気のある人、糖尿病の人などは心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなるので、とても危険です。
そうかいのどが渇いたら、ビールでもお茶でもコーヒーでもなく、るように普段から習慣づけてくださいまずよい水
を飲んで、しっかり水分補給をす。還元力の強い水こそよい水
の条件健康のためによい水をしっかり飲むことが大切だということは、も繰り返しているよい水とはどのようなものなのでしょう。
ご理解いただけたと思います。
では、何度よい水といって水道水を思い浮かべる人はさすがにいないと思います。水道水には消毒に使われる塩素のほか、発ガン物質であるトリハロメタンやトリクロロエチレン、そしてダイオキシンなども含まれていることが広く知られています。

ホルモンが出るケースが多いのです。

これら水道水に含まれる物質については、すべて安全上の基準が決められています。が、水道水が毒性のあるものが入っている水であることは事実です。水道水が塩素で殺菌されていることは有名ですが、なぜ塩素を水に投入すると殺菌できるかご存じでしょうか。じつは、水に塩素を入れると、水の中で大量の活性酸素が発生するのです。その活性酸素によって、微生物が死んでしまうので、結果的に殺菌されたということになるのです。しかしこの殺菌法では、水中の微生物が死滅すると同時に、水そのものも酸化してしまうのです。こうして水道水は、酸化された水になってしまいます。こうした水の酸化の度合いを測るものに、酸化還元電位というものがあります。酸化とは、原子レベルで見ると、電子が離脱または取られる過程のことです。還元はその反対で、電子を受け取ることです。
ガンの典型的な初期

ガンを抑え込んでくれるのだ
ガンを抑え込んでくれるのだ

薬品とは作用が根本的に異なるからだった。

つまりこうした電子の増減を測定することによって、その水が他の物質を酸化させやすい状態にあるのか、還元させやすい状態にあるのかを知ることができるのです。したがって、電位の数値が低いマイナス方向ほど還元力他の物質を還元させる力は強く、高いプラス方向ほど酸化力他の物質を酸化させる力が強い水ということになります。それで見ると、水道水の数値は非常に酸化力が高い水であることがわかります。
市の水は六00S八00と非常に高い数値が出ます。
とくに東京や大阪など大都ではどのような水が、還元力の高い水なのでしょうか。
還元とは電子を受け取った状態をいうと説明しましたが、こうした状態の水を電気的に分解して作り出した水を電気分解することによってイオン化しこうした浄水器は、ものが、いわゆる還元水というものです。
還元力のある水を作り出しているのです。アルカリイオン浄水器もマイナスイオン浄水器も同じような仕組みで還元力のある水を作り出しているのですが、電気分解する際に陰極にカルシウム、マグネシウムなどのミネラルがついてくるので、電気的に処理された水ではより多くのミネラルをとることもできます。